イビサクリームを使ってかゆみが出た場合どうすればよい?

イビサクリーム かゆみ

イビサクリームを使った人の中にはかゆみを感じた人もいらっしゃるようです。

 

イビサクリームは無添加のクリームで肌に優しい成分しか含まれていませんが、なぜかゆみが出てしまったのでしょうか?

 

イビサクリームを使ってかゆみが出てしまう原因と対処法を調べました。

かゆみや赤みが出た原因

イビサクリーム かゆみ

一般的に美白クリームはハイドロキノン等の強い効果を持ったものは副作用としてかゆみ、赤みといた症状が肌に出てしまうことがあります。

 

実はこのかゆみや赤みは美白成分が肌に浸透し、シミに効いている時に出てくる好転反応で薬用成分が効いている証拠です。

 

時間が経過すれば自然にかゆみや赤みが治まるので、心配の必要はありません。かゆみが気になる場合はイビサクリームを薄く広げて使用するとたっぷり塗った時と比較し痒みが軽減します。

 

ですが、アレルギー体質が原因でかゆみが出ている場合は赤みがひかないので、何日もずっと痒みや赤みが続く場合は使用を中止し、返金保証制度を利用しましょう。

かゆみが出てしまった場合の対処法

イビサクリームを使ってかゆみが出てしまった場合掻きむしってしまうと肌が傷つくので、タオルで冷やしたてかゆみを抑えてください。

 

イビサクリームには抗炎症作用があるグリチルリチン酸2Kも配合されているので、炎症があった部位のかゆみを抑える効果があります。

 

また肌の乾燥がかゆみを悪化させている可能性もあるので、肌乾燥しないようにしっかりと保湿ケアも行いましょう。

 

肌の状態を見ながら正しい使用方法を守ってイビサクリームでケアしてくださいね。

 

TOPページ:イビサクリームの口コミ・効果の検証結果はこちら>>