イビサクリームは顔やお尻に使っても大丈夫?

イビサクリーム 顔

イビサクリームを購入した方の中には、イビサクリームは顔やお尻にも使える?と気にされる人も多いです。

 

黒ずみが気になる部位ってデリケートゾーンだけではないですよね。黒ずみができやすい体質なのであればなおさら、デリケートゾーン以外にも乳首やわき、お尻、膝、ひじにも黒ずみはできやすいです。

 

また妊娠すると一気に顔のシミが増えるので、イビサクリームの有効成分で顔のシミを薄くできないと考えるのはごく普通のことです。

 

ここではイビサクリームは顔のシミにも有効かどうかをお答えします。

イビサクリームは顔の使用OK?

イビサクリーム 顔

結論を先に言うとイビサクリームは顔に使用してもOKのクリームです。

 

イビサクリームはデリケートゾーンにも使用できるほど安全性が高い美白クリームで赤ちゃんの肌にも使えます。

 

顔のシミ対策として塗ることでトラネキサム酸がメラニン生成を抑制し、シミができるのを防ぎます。

 

またグリチルリチン酸2Kが肌を整えてくれるので肌の調子が悪い、肌荒れが起きているから健康な状態に戻したいという時でもイビサクリームは有効です。

 

顔に使用する場合も他の部位と同じで朝と晩に顔に洗顔後に塗ってください。一度に大量に塗るよりも、毎日継続することが大事なので忘れずにケアしてくださいね。

 

ただし、唇のシミには使えないので、注意してくださいね。

全身の美白クリームを購入するならイビサクリーム

イビサクリームのコスパ

全身の黒ずみで悩んでいる場合、クリームのコスパは非常に大切です。使い続ける必要もあるので毎月高額な費用がかかる美白クリームは続けられないですよね。

 

イビサクリームは非常に伸びが良いクリームなのでコスパを考えると非常に良いほうです。

 

ピューレパールなどの美白クリームは蓋を開けて自分で手に取るので一度に手に取る量が多くなり、あっという間になくなりやすいです。

 

ですがイビサクリームは出口が細いチューブタイプなので無駄使いをしないように少しずつ出せるので、必要最低限量しか使わなくてすみます。

 

使い方によっては1ヶ月以上もつ美白クリームなのでイビサクリームはコスパも大事!という方はイビサクリームがピッタリです。

 

TOPページ:イビサクリームの口コミ・効果の検証結果はこちら>>