イビサクリームとアットベリーを比較

イビサクリーム同様、美白保湿クリームとして人気があるのがアットベリーです。

 

アットベリーはどちらかというとワキや二の腕の黒ずみ、ガサガサケアとして人気があるクリームですが、デリケートゾーンの美白効果も得られることからイビサクリームとよく比較されます。

 

イビサクリームとアットベリーはどちらも配合成分も似ていて、どちのほうがより効果がある?安い?と気になる方も多いようです。

 

そこでアットベリーとイビサクリームを比較してみました。

 

イビサクリーム

アットベリー

有効成分

トラネキサム酸

グリチルリチン酸2K

水溶性プラセンタエキス

グリチルリチン酸2K

使用感

クリームタイプ

ジェルタイプ

香り

無香料

無香料

定期購入価格

4,470円(送料無料)

4,800円(送料無料)

2回目以降

4,970円(送料無料)

5,440円(送料無料)

単品購入価格

7,000円

(送料 360円 手数料 150円)

6,800円(送料 650円)

継続回数

2回

2回

返金保証制度

28日間

180日間

イビサクリームとアットベリーの有効成分の違い

アットベリーとイビサクリームの有効成分を比較すると、グリチルリチン酸2Kの他にイビサクリームは「トラネキサム酸」アットベリーは「水溶性プラセンタエキス」が配合されています。

 

イビサクリームに配合されているトラネキサム酸はシミの生成過程をブロックする働きがあり、シミが新た生成されるのを防ぐ効果があります。

 

一方、水溶性プラセンタエキスは細胞活性の働きがあり、肌のターンオーバーを正常化していつまでも角質層に滞っているメラニンを外に追い出し、シミを目立ちにくくする働きがあります。

 

有効成分トラネキサム酸で新たにシミができるのを防ぎ、保湿成分で肌のターンオーバーを正常化しメラニンを外に排出するのがイビサクリーム。

 

有効成分プラセンタエキスで肌のターンオーバーを改善し、メラニンを外に排出してビタミンCの270倍の美白効果がある天草フラボノイドでメラニン生成を抑えるのがアットベリーです。

 

イビサクリームとアットベリーは配合成分は異なるものの、どちらもメラニンの生成を抑制&肌のターンオーバーを改善してメラニンを外に排出させる働きがあることがわかりました。

 

有効成分を見ると、メラニン生成抑制に力を入れているのがイビサクリーム、今ある黒ずみを排出することに力を入れているのがアットベリーと言えそうです。

 

自分がどちらがより好みの美白クリームかで選んでも良さそうですね。

イビサクリームとアットベリーの価格の違い

イビサクリームとアットベリーのの価格差を見ると、イビサクリームの方が初回は330円、2回目以降は470円ほどイビサクリームのほうが安く購入できるようです。

 

黒ずみケアは数ヶ月に渡るので、できるだけコストを抑えたいという方はイビサクリーム派と言えそうです。

イビサクリームとアットベリーの返金保証制度の違い

イビサクリームとアットベリーはどちらも返金保証制度がついていますが、アットベリーのほうが180日間と長いのが特徴です。

 

ただし、返金保証対象となるのは初回1個目だけです。

 

なので、30日使用すれば肌にあう、合わないかがわかるので、180日分の長い期間はとってもいいかと言われるとわかりません。
どちらによせこれだけ長い返金保証期間があるとまだ大丈夫、といった気持ちから結果的に返金制度を使わずに終わってしまいそうな気もします。

イビサクリームとアットベリーの形状の違い

イビサクリームとアットベリーの決定的な違いはチューブ型(イビサクリーム)か、それとも蓋を開ける型(アットベリー)であるか。

 

イビサクリームはチューブ型なので必要な分だけしか手に取らないように調整しやすく、また1ヶ月間ずっとクリームが新鮮なまま使用できるのがメリットです。

 

アットベリーは使用する度に蓋をあけなければいけないためその度に雑菌が入ってしまうこと、そして手に取る量が多いと1ヶ月もたなくなってしまう可能性があるのがデメリットです。

 

クリームを塗りたい部位が広範囲であればアットベリー、局所であればイビサクリームのほうが使い勝手は良好です。

 

これらのことを比較し、自分にはどちらがあっているのか判断してみてくださいね。

 

TOPページ:イビサクリームの口コミ・効果の検証結果はこちら>>