イビサクリームは妊娠中の黒ずみケアに使っても大丈夫?

イビサクリーム 妊娠中

妊娠すると女性ホルモンの影響で乳首や乳輪、脇、デリケートゾーンなどが黒ずみやすくなります。また顔のシミやそばかすも増えてきたな…と感じる妊婦さんも非常に多いです。

 

これは妊娠中だと普通に起こり得る変化で、女性ホルモンの影響によるものです。

 

早い方は妊娠初期から、ほとんどの方が中期にかけて茶色〜黒く黒ずんできます。これはエストロゲンとプロゲステロンの急激な増加によってメラニン色素が刺激され、メラニンが過剰に生成されてしまうためです。

 

このため色素沈着がおこりやすくなり、脇や乳首が黒ずんでくるようになります。ですが、妊娠中といえど黒ずみは気になるもので、できるだけ元のピンク色に戻したい…と思いますよね。

 

ではイビサクリームは妊娠中でも使ってOKの美白クリームなのでしょうか?

イビサクリームの妊娠中への使用について

イビサクリームは敏感肌でも使える安心成分でできた美白クリームですが、妊娠中に使用する際は「専門医にご相談の上、ご使用を検討してください。」と案内されています。

 

妊娠中はデリケートな時期で自分の体が自分ではないように感じる時期。

 

自分が大丈夫!と思ってもいざ使ってみたら肌に合わなかったなんてことが起こり得る可能性もあります。

 

なので、もしイビサクリームを使って美白ケアをしたいと思ったら産婦人科の医師に一度相談をしてからのほうが良さそうです。

 

妊娠中にイビサクリームを使いました

妊娠中 イビサクリーム

ちなみに当サイトの管理人が妊娠中に、イビサクリームを使ってみたところ、全く問題がありませんでした。痒みや赤みといったものは全く出ませんでした。

 

イビサクリームは合成香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベンといった添加物を全く配合せず赤ちゃんでも使えるほどお肌にやさしいクリームなので安心して使えます。

 

私は妊娠してから顔のシミが気になるようになり、デリケートゾーンの黒ずみに使えるほど安全性が高いイビサクリームなので、顔にも使っていました。

 

効果を実感するまでは時間がかかりますが、やはり使用してから2ヶ月過ぎた頃から薄くなってきたかな?と感じました!

 

ただでさえ妊娠中はシミができやすいので、妊娠中にできた体中の黒ずみをイビサクリームを使用したいという方は出産後に急いでケアするよりも妊娠中の今から黒ずみケアをしておくことをオススメします。

 

※出産後は母乳で育てている場合頻回授乳をするので乳首の美白ケアは不可能です。断乳後、卒乳後に乳首の黒ずみケアは始めるようにしてください。

 

 

↓今なら30%OFF♪↓

薬用イビサクリーム

▲△28日間の返金保証制度付き▲△